先生の備忘録

2020年、大学院に行きます。

中学校・国語科を研究するブログ

学習指導要領改訂のポイント2

国語科の目標の在り方と学習評価

改訂される学習指導要領では、育成を目指す資質・能力として
 ①知識・技能
 ②思考力・判断力・表現力
 ③学びに向かう力・人間性

の3つを柱として掲げている。国語科でもこの柱に沿った目標が立てられている。以下のとおりである。
①社会生活に必要な国語の特質について理解し適切に使うことができるようにする。
②創造的・論理的思考や感性・情緒を働かせて思考力や想像力を豊かにし、社会生活における人との関りの中で、言葉で自分の思いや考えを深めることができるようにする。
③言葉を通じて伝え合う価値を認識するとともに、言語文化に関り、言語感覚を豊かにし、国語を尊重してその能力の向上を図る態度を養う。
また、現在の5観点=「関心・意欲・態度」「話す・聞く能力」「書く能力」「読む能力」「言語についての知識・理解・技能」が前の3つの柱に即して「知識・技能」「思考・判断・表現」「主体的に学習に取り組む態度」の3観点に整理される。

国語科における「見方・考え方」

新しい学習指導要領においては、どのような視点で物事を捉え、どのような考え方で思考していくのかという、「見方・考え方」について、国語科では「言葉による見方・考え方」として以下のように示されている。
 自分の思いや考えを深めるため、対象と言葉、言葉と言葉の関係を言葉の意味、働き、使い方等に着目して捉え、その関係性を問い直して意味づけること。

学習過程の明確化

話すこと・聞くことに関しては以下の想定がなされている。
f:id:adijopuw:20170703094327p:plain
(「国語ワーキンググループによるとりまとめ」より引用)

教育内容の見直し

答申で求められている教育内容の見直しについては以下の6点である。

  • 特に重視する能力:「情報を多面的・多角的に精査し構造化する力」「感情や想像を言葉にする力」「言葉を通じて伝え合う力」
  • 読書活動の推進
  • 語彙を豊かにする指導
  • 常用漢字表改訂への対応
  • 伝統文化に関する学習内容の整理
  • 学習の基盤となる言語能力の育成


〇〇〇〇〇


評価の仕方については、5観点から3観点に代わるということで、それぞれの基になっている3つの柱をどれだけきちんと理解して評価するかが、私たちの課題ですね。「とりまとめ」でも、これまでの「言語についての~」がそのまま「知識・技能」に、「話す・聞く/書く/読む」が「思考・判断・表現」に横滑りするわけではないので、さらなる検討が必要だとあります。

それと、個人的に気になる「伝統文化に関する学習内容の整理」です。これまで同様古典に親しみ、自分の生き方・考え方に活かしていくという路線はともかく、「文字文化についての理解を深める」というのは、具体的にどういう内容を指しているのでしょうか。
余談ですが、勤務校のあるX市の今年の教科研では「古典」が扱われるようです(見に行けないのが残念です)。古典って、教員の情熱が試される分野だと思うんですよね。古典に流れる考え方や生き方の現代との共通点や相違点を知ると、「昔は今と違って~だったんだなぁ、面白い!」とか「なんで千年前なのに今と考え方が同じなの?不思議!」とか、そういう風に興味をもってほしい分野です。とはいえ、私が好きなのは枕草子徒然草と和歌だけですから教材によって熱の入りようが違ってしまうんですけどね。